log2ch

削除申請
ニュース速報 | 萌えニュース+ | 芸スポ速報+ | AKB48 乃木坂46
2020/01/09 2020/01/10 2020/01/11 2020/01/12 2020/01/13 2020/01/14 2020/01/15 2020/01/16 2020/01/17 2020/01/18 2020/01/19 2020/01/20 2020/01/21 2020/01/22 2020/01/23 2020/01/24

ニュース速報(2020/01/09)
スレッド
共同通信「安倍が中東訪問を中止」→ フェイクニュースでした 予定通り訪問へ (485) +1res
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
安倍首相 予定どおり中東3か国訪問へ

イラン情勢をめぐる緊張が続く中、安倍総理大臣は今週末から予定していた中東3か国への歴訪について、
アメリカ、イラン双方が事態の悪化を避けたいという姿勢を示していることを踏まえ、予定どおり実施する意向を固めました。

安倍総理大臣は、今週末からサウジアラビア、UAE=アラブ首長国連邦、オマーンの3か国を訪問する予定で調整を進めていました。

しかし、アメリカ軍によるイランの司令官殺害や、それに対するイランのミサイル攻撃などを受け、
政府内では訪問を延期すべきだという意見も出ていたため、慎重に情勢を見極めてきました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200109/k10012240211000.html

関連
昨日の記事

安倍首相の中東歴訪、現地情勢見極めながら判断−菅官房長官
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-08/Q3RNJLT0G1L601
菅義偉官房長官はその後の記者会見で、近く予定されていた安倍首相の中東歴訪について、「現地の情勢を見極めながら判断したい」と述べた。
共同通信は首相が11日から予定していた中東訪問を延期すると報じていた。
国母和宏被告、大麻は「14歳ころから。北米で」 「わかっていてもやめられなかった」 (426) +2res
sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
 米国から大麻を密輸したとして大麻取締法違反などの罪で起訴された元五輪代表のプロスノーボーダー、
国母和宏被告(31)の初公判が8日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役3年を求刑した。

 国母被告は、パーマをあてた短めの髪に、黒のスーツ、黒のネクタイを着用。アゴと鼻の下のひげを伸ばしていた。
左手薬指に指輪をはめ、袖からタトゥーをのぞかせたいでたちで現れた。

 名前を聞かれて「国母和宏です」。職業を問われて「スノーボーダーです」と返答。「起訴事実に間違いありません」と認めた。
検察側から「奧さんから『あなたは大麻に依存している、やめてほしい』と言われていた」と指摘されて、
「妻から言われるたびに、やめるとは言っていました。ただ日本ではやめて海外に行くと、やっていました」と明かした。

 さらに、「自分が犯罪者になることで家族が犯罪者の家族になるとわかっていてもやめられなかった。
そういう面では依存していたのかもしれない」と話した。

 裁判官から大麻を始めた時期を聞かれると「14歳頃から。北米で。日本で違法なのはわかっていた」。
いつから日本に持ち込んだかを問われて、「10代前半から」と答え、
吸い始めたきっかけを「アメリカに行って英語が分からず、大麻を一緒に吸うことがコミュニケーションになると思った」と説明した。

 裁判官に対して「今後違法なことはしないつもり」と話したが、今後の大麻との関わりを問われて
「大麻と関わることがすべて違法なこととは思えない」と話す。
さらに、一切やめるのかという問いには、少し考えて「うーん、いろいろ勉強して…」と話すにとどまった。
その上で、「ご迷惑をかけて深く反省しています。本当に申し訳ないと思っています」と謝罪した。

 国母被告は2006年トリノ、10年バンクーバーと、2大会連続で冬季五輪に出場。
バンクーバー大会では、選手団の公式ウエアのズボンを下げて履く「腰パン」を問題視され、
直後の会見では「チッ、うるせーな」「反省してま〜す」などの発言で物議を醸した。




国母被告、大麻は「14歳ころから」 起訴事実認める
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/01/08/0013017579.shtml
簡単な数学だが、正方形の対角線の長さをググらないで答えたら優勝 (178) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
北海道のハローワーク、就職達成率が上昇 4〜11月
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54228620Z00C20A1L41000/
【速報】 国産OS「TRON」のソースコードが公開、Linuxオワタ (288) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
トロンフォーラムは2019年12月11日、リアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」の仕様を策定し、
仕様書とソースコードをGitHubとトロンフォーラムのWebサイトから一般公開した。

μT-Kernel 3.0はTRON系OSで、IEEE(アメリカ電気電子学会)の定めるIoT(モノのインターネット)
エッジノード向け世界標準OSの仕様「IEEE 2050-2018」に対して、完全上位互換になる。

IEEE 2050-2018に準じ、小規模組み込みシステムに対応。16ビットを含むシングルチップマイコンや
小容量のROM、RAMを搭載したシステム、MMU(メモリ管理ユニット)のないシステムでも動作する。
実装の最適化やカスタマイズが容易で、移植性や流通性の高いミドルウェアとデバイスドライバにも対応する。

今回、μT-Kernel 3.0のソースコードを全面的に見直したことで、最新のマイコンへの移植性が高まった。
特定の開発ツールに依存せず、さまざまな開発環境で使用可能だ。
なお、μT-Kernel 2.0とは高い互換性を維持している。

μT-Kernel 3.0のソースコードは、T-Licenseに基づきオープンソース化している。
第1弾として公開するソースコードでは、「ARM Cortex-M3」マイコン搭載の「IoT-Engine」を対象ハードウェアとした。
今後、対応するマイコンや開発環境の展開を進めていく予定だ。

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2001/07/news029.html
福島みずぽ(比例)「安倍総理は中東訪問キャンセル。しかし自衛隊を送ろうとしている。止めよう!」 (111) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
福島みずほ
@mizuhofukushima
安倍総理は中東への訪問をキャンセル。しかし、自衛隊を送ろうとしています。何としても止めよう
https://i.imgur.com/2zJQfjr.jpg

関連

有害野党さん、原油の9割が中東依存なのにタンカーの安全確保を無視して自衛隊派遣に反対してしまう
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578325268/
ゴーン会見「何の容疑に問われているのかわからない。日本は容赦なく攻撃した。レバノンを誇りに思う」 (724) +4res
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
2020年1月8日の日本時間の22時からゴーン被告がレバノン・ベイルートにて会見を行いそれをAbemaTVが中継を行った。

冒頭ではゴーン被告の代理人が今までの功績や日産の立て直しなどを説明し、その後ゴーン被告自身が拘束されていたことについて述べた。

日本の司法制度の欠陥や、「私は逮捕されるべきじゃなかった、私はなんの容疑に問われているのかわからなかった。
彼ら(日本人)は容赦のない、そして根拠のないメディアの攻撃をした。レバノン当局に感謝申し上げます、レバノン人に会うことを誇りに思う」と
語り、日本人を批判しレバノンを誇りに思うと語った。

また「日産の一部の者が東京地裁の支援の者とで私を拘束した、家族や友人とも引き離された。
つまらない考えを持っている個人の計画だった。復讐に満ちており検察官は誤った情報をマスコミに伝えた。
私は無実を証明したいと思う」と自身は潔白とまで語っている。

まだ会見は続いているが速報までに冒頭のゴーン被告のコメントを伝えた。

https://gogotsu.com/archives/55899
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/01/Ghosn.jpg
【新】「電車の中で女性に体液をかけたのは間違いないが誰かが私のズボンに手を入れてシコったんです」 (403) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
通勤ラッシュの電車内で女性に体液かける

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200108-00000342-nnn-soci

Nippon News Network(NNN)

通勤ラッシュの小田急線の電車内で、20代の女性に体液をかけたとして28歳の男が逮捕された。

警視庁によると、逮捕されたのは、神奈川県海老名市に住む会社員の吉田紘也容疑者で、去年9月、朝の通勤ラッシュで混み合う小田急線の車内で、20代の女性のスカートに自らの体液をかけた疑いがもたれている。

スカートに付着した体液のDNA型から吉田容疑者が浮上したという。調べに対し吉田容疑者は、「女性のスカートに体液がかかってしまったのは間違いないが、第三者が、私のズボンの中に手を入れてきたために女性にかかってしまった」などと話しているという。
島田俊郎さん死去 (132) +1res
求人情報誌などを手掛けるあつまるホールディングス(熊本市)社長で
熊本県ハンドボール協会長の島田俊郎(しまだ・としろう)さんが8日午前、
急性硬膜下血腫のため同市内の病院で死去した。77歳。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000016-kumanichi-l43
帽子ってなんでかぶるの?頭が寒いからか? (196) +3res
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ベレー帽もお似合い、パク・ハソン
http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/09/2020010980214.html
ゴーン「フランス大統領が悪い」 (384) +2res
sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000012-reut-asia

保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車<7201.T>前会長カルロス・ゴーン被告は8日、自身の失脚につながった原因の一つとして、2015年当時、
仏政府がルノー<RENA.PA>に対する政府の議決権拡大に動き、ルノーと日産の関係がこじれたことを挙げ、当時の経済相だったマクロン仏大統領を暗に批判した。

【写真】ゴーン被告会見、日産経営陣ら名指し批判 政府関係者には触れず

ゴーン被告はレバノンで行った逃亡後初の記者会見で、マクロン氏を名指しこそしなかったものの、
「(仏政府の議決権拡大で)日産の経営陣や日本政府との関係に大きなしこりが生じた。ここから問題が始まった」と指摘した。

マクロン氏側からのコメントは得られていない。

15年当時、ルノーに対する仏政府の出資比率は15%、議決権はそれをやや上回る比率だったが、マクロン氏は、株式を2年以上保有する株主の議決権を2倍にできるフロランジュ法を適用し、
政府の議決権拡大を画策した。これにルノー経営陣は反対したが、マクロン氏は政府の出資比率を20%まで引き上げ、強引に経営側の議案を否決に持ち込み、結果的に政府の議決権拡大に成功した。

記者会見後にゴーン氏はフランスのテレビ局TF1とのインタビューで、国境で問題が起こらなければ、裁判のためにフランスに行くことを検討すると語った。

「国境で問題が起きないという保証が得られれば、フランスに行くことができる。ブラジルに行くこともできる」とし「(レバノン、ブラジル、フランスは)国民の身柄引き渡しをしない3カ国だ」と述べた。
【美人ニュース】俺たちのアイドル! 剛力彩芽がロングヘア姿をインスタに掲載して大絶賛 (182) +2res
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
タレントであり女優としても活躍しているオスカープロモーションの剛力彩芽さん(27歳)が、自身の公式インスタグラムにロングヘア姿の写真を掲載し、話題となっていいる。

剛力彩芽さんはショートカットが似合う女性として絶大な支持を得ていたが、ロングヘアでもその美しい姿は健在であることを証明してみせた。

あまりにもレアすぎるこの姿に、多くのファンが歓喜している。

(以下略)

全画像と全文はサイトで
http://buzz-plus.com/article/2020/01/09/goriki-ayame-long-hair-news/
http://cdn.buzz-plus.com/wp-content/uploads/2020/01/goriki-ayame.jpg
触らない「新型痴漢」が横行しているらしい (537) +2res
sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon03.gif
最近、触らない「新型痴漢」が横行しているという。どんな痴漢なのか。

痴漢問題に詳しい銀座さいとう法律事務所の齋藤健博弁護士は、「具体的には匂いを嗅いだり、息を吹きかけ
たり、カバンを押し当てたり、女性側に直接には触れない形の痴漢。自分の手で触れていないのでいいのだ、と
いう言い訳ができる」と説明する。

街で女性に聞くと、「満員電車に乗っていたら、すごく息が荒くて、ずっと、『ハア、ハア』と言われて」(20代)

男性からは戸惑いの声がある。「線引きが難しい。故意にやっている人と、そうじゃない人が難しい。息もかかっ
ちゃいけないとなると、マスクするか、上を向くかしかないですね」(20代)

新型痴漢にどうしたらいいのか。コメンテーターの高橋知典(弁護士)は、「直接、触らなくても匂いを嗅ぐなどの
一般的にみて、相手を恥ずかしくさせる、不安を覚えさせる行為をすると、犯罪行為にあたる可能性が出てくる」
と解説する。

https://news.livedoor.com/article/detail/17629520/
【竹中平蔵】非正規雇用が増えたのは私のせいじゃない!【動画】 (588) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
ZORO
@DRAW95353002
田原総一郎氏
多くの日本人が言っている、小泉竹中の時に非正規をどんどん増やしたじゃないかと

竹中平蔵氏
田原さん、田原さんみたいな方がそんな事実と違う事を言っちゃ困りますよ

紛れも無い事実です。それに竹中氏はTVで「正社員をなくせばいい」って言ってました。

動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1213857396482703361/pu/vid/640x360/83OhhWDnBsjPXeh8.mp4


午前1:19 · 2020年1月6日·Twitter for iPhone

スクショ
https://i.imgur.com/UuoGRhK.jpg

関連ソース
‪田原総一郎氏「多くの日本人が言っている、小泉竹中時に非正規を増やした」→ 竹中平蔵氏「事実と違う事を言っちゃ困ります…」
https://snjpn.net/archives/174315

竹中平蔵氏が「朝まで生テレビ」で非正規雇用について熱弁
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/9634197/
マレーシア、イラン側につく 「イスラム教国家は結束を!」 (212) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
イスラム教国家は結束を、米のイラン司令官殺害受けマレーシア首相
https://jp.reuters.com/article/iraq-security-malaysia-idJPKBN1Z60MB

マレーシアのマハティール首相は7日、米国がイラン精鋭部隊のソレイマニ司令官を殺害したことは不道徳だと非難し、イスラム教国家は外部の脅威から身を守るため結束すべきだと訴えた。

マハティール首相は記者団に対し、ソレイマニ司令官の殺害は国際法違反だと述べ、「いわゆるテロリズム」の激化につながる恐れがあると警告した。

そのうえで「イスラム教国家は結束すべき時だ」とし、「われわれはもはや安全ではない。誰かの気に入らないことを言ったり、
侮辱したりしただけで、その外国人がドローンを送ったり、私を銃撃しようとしたりしても問題ないという状況になっている」と語った。
イラン・ソレイマニ司令官の爆殺に北朝鮮・金正恩ガクブル 「自分の身も危ない」 挑発行為を停止 (190) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
トランプ氏の“狂気”に正恩氏震える!? イラン・ソレイマニ司令官の爆殺で…北朝鮮は挑発行為を停止 識者「正恩氏は『自分の身も危ない』と精神的に追い詰められた」
2020.1.7

 ドナルド・トランプ大統領率いる米軍が「テロの首謀者」として、
イラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマニ司令官を攻撃・殺害したことで、北朝鮮の挑発行為が止まっている。
昨年末までは「北朝鮮の非核化」をめぐる米朝協議に復帰せず、
米国本土を射程に入れる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射をチラつかせていたが、
ソレイマニ氏殺害後は実に静かなのだ。実兄の正男(ジョンナム)氏暗殺など、
数々のテロを命令・実行させてきた金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長としては、
トランプ氏の「狂気」を目の当たりして、震え上がっているのか。



  《目の前で見た米国の「ドローン斬首作戦」…「金正恩委員長は衝撃大きいはず」》

 韓国・中央日報(日本語版)は6日、こんなタイトルの記事を掲載した。

 トランプ氏の命令を受けた米軍が、中東で数々のテロを引き起こしてきたソレイマニ氏を、
ドローン(小型無人機)攻撃で「除去(殺害)」したことで、北朝鮮の対米外交が変化しそうだと分析・解説した記事だ。

 韓国政府当局者は「米国は、外交的に解決しなければ軍事的オプションを使用する可能性があることを明確に示した」
「北朝鮮は自国にも似た状況が発生する可能性がないか懸念しているはず」と語っている。
記事では、正恩氏の身辺警護が強化され、当面、公の場から姿をくらますことにも言及した。

 韓国・朝鮮日報(同)も同日、《米国の斬首作戦に沈黙する北、金正恩委員長は5日間外出せず》との記事を掲載した。

 確かに、北朝鮮の反応は異様といえる。

 朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、ソレイマニ氏の殺害について、発生から4日後の6日、やっと報じた。

 通常なら、米国の行動に罵詈(ばり)雑言を浴びせるが、
中国の王毅外相と、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相の電話会談を報じるなかで、
「中ロ外相が(米国の)攻撃は違法行為で、中東の地域情勢が著しく悪化したことへの憂慮を表明した」と伝えるだけだった。
直接、トランプ氏や米軍を批判・論評することは避けた。

 正恩氏は昨年末の党中央委員会総会で、米国の対北政策を批判したうえで、
「世界は遠からず、共和国(北朝鮮)が保有することになる新たな戦略兵器を目撃するだろう」と強がっていた。
8日の誕生日に合わせた挑発行為も警戒されていたが、あの勢いとは大違いだ。

 米国はかつて、北朝鮮とイラン、イラクを「悪の枢軸」と呼び、唾棄してきた。
歴代米政権が、正恩氏や、父の金正日(キム・ジョンイル)総書記の「斬首作戦」を立案・検討してきたのは周知の事実である。

以下ソース
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200107/for2001070007-n1.html
Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 _