log2ch

削除申請
ニュース速報 | 萌えニュース+ | 芸スポ速報+ | | ハード業界 | アイドル
2019/03/04 2019/03/05 2019/03/06 2019/03/07 2019/03/08 2019/03/09 2019/03/10 2019/03/11 2019/03/12 2019/03/13 2019/03/14 2019/03/15 2019/03/16 2019/03/17 2019/03/18 2019/03/19

(2019/03/14)
スレッド
【私が居ないと潰れるぞ?】ゴーン被告「日産が心配だ」と憂慮へ (119) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
[東京 12日 ロイター] - 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車<7201.T>の前会長カルロス・ゴーン被告の弁護人、
弘中惇一郎弁護士は12日夕、記者団に対し、ゴーン被告本人による記者会見について、今週は予定していないことを明らかにした。

ゴーン被告と協議した弘中弁護士は「やる以上はどういうことを言うかを決めてから出たいので、少し時間がほしいとのことだった」と説明。「今週はおそらくないと思う」と語った。

4月8日の臨時株主総会にゴーン被告が出席するかどうかに関しては「結論的には行かない方向みたいだ」としたが、「まだ日にちがあるのではっきり決まったわけではない」とも付け加えた。

弁護団はこの日、都内の事務所で弁護方針などに関する会議を開き、ゴーン被告も参加した。弘中弁護士によるとゴーン被告は「日産はこのままで大丈夫かと心配していた。
日産を支えていくにはそれなりのリーダーシップが必要なので、その点が心配だと言っていた」という。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000087-reut-bus_all
フクイチ除染の中抜きが酷い 役員報酬8人で77億円 利益率5割越 国民は3兆円の税負担 (562) +3res
sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010003-fnnprimev-soci

福島第一原発の爆発事故から3月12日で8年…
放射性物質を取り除く除染作業は今も続いているが、一部の除染事業の不透明な実態をFNNは報道してきた。

【画像】幹部には高級車支給…極めて高い利益率のカラクリは…

今回、福島県にある除染会社の、売上に対する利益率が継続的に5割を超える極めて高い利益率だったことが新たに分かった。

これまでに約3兆円が投じられた除染費用が大幅に減らせていた可能性が浮上している。

会社幹部「お金ならなんぼでもある」

福島県いわき市にある従業員およそ100人の除染会社。
除染や関連工事を大手ゼネコン清水建設から請け負い巨額の利益を得ていた。

今回、福島県への情報公開請求で、この会社の粗利益が2014年からの3年間で142億円に上り、売上に対する利益率がいずれの年も5割を超えていたことが新たに分かった。

さらに関係者への取材で代表ら役員8人の役員報酬が3年間で77億円に上り、粗利益の半分以上を占めていたことも分かった。
役員報酬の水準は、規模が100倍の売上高1兆円以上の大企業の社長でも1億円程度に留まっていて、異例の高額となっている。

この除染会社で働いていた作業員:
(会社幹部は)お金ならなんぼでもあると言ってましたから。幹部数名は高級車を買ってもらってましたから。
推薦の願書預かったけど誰もいつ期限か確認せんから 最終日に郵便に出したけどあかんかったわ 兵庫 (117) +2res
sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
去年11月、神戸市内の県立高校で、進路指導の教諭が大学の推薦入試の願書を期限内に提出できず、生徒4人が受験できなくなっていたことがわかりました。兵庫県教育委員会
は「生徒の人生を変えかねない重大なミスだ」として、関係した教諭を処分することにしています。

兵庫県教育委員会によりますと、神戸市内の県立高校では、4人の生徒が去年11月に行われた、兵庫県立大学の推薦入試を受験することになっていました。
推薦入試は、高校ごとにまとめて生徒の願書を提出することになっていましたが、この高校では、進路指導を担当する教諭が複数いながら、提出期限などを十分に確認することを
怠り、期限の最終日に郵送したということです。
その結果、願書は期限内に大学に届かなかったため、4人はいずれも推薦入試を受験できず、高校は生徒や保護者に謝罪したということです。
県教育委員会によりますと、生徒たちは兵庫県立大学などを一般入試で受験しましたが、一部の生徒は合格できず、これまでのところ、進路が決まっていないということです。
県教育委員会は「生徒の人生を変えかねない重大なミスだ」として、今後、関係した教諭を処分することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20190313/2020003310.html
【速報】 山本美月さん(27) (407) +1res
sssp://img.2ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
電気グルーヴのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51歳)が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、
強制性交容疑で逮捕・起訴された新井浩文被告(40歳)が2017年9月にTwitterに投稿したツイートが
話題を呼んでいる。

https://www.excite.co.jp/news/article/Narinari_20190313_53621/

https://imgc.eximg.jp/cv/resize?i=https%3A%2F%2Fs.eximg.jp%2Fexnews%2Ffeed%2FNarinari%2FNarinari_20190313_53621_19e3_1.jpg
今年のGW、家族旅行で名古屋に行く人が急増 (495) +4res
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 旅行業界の今年上半期の目玉トピック「ゴールデンウイーク(GW)10連休」が間近に迫ってきた。旅行会社各社の予約動向で好況が伝えられるなか、
楽天トラベルはGW(4月27日?5月6日宿泊)の国内家族旅行の予約伸び率ランキングを発表。子どもたちをひきつける施設や話題、体験を擁する
地域がしっかりと好機をつかんだようだ。

 期間中の予約人泊数からランキングを算出。宿泊構成別で「子連れ」の前年からの伸び率が3倍と最高になるなど、前代未聞の長期連休は
家族連れの旅行意欲を大きく刺激している。

 ランキング1位は金山・熱田・千種・ナゴヤドーム(愛知県)で前年同期比608.8%増。「レゴランド」「名古屋港水族館」など話題の家族向け施設を
多く有する名古屋周辺という地域性が人気に直結した。

 2位は倉吉・三朝温泉(鳥取県)で同594.9%増。鳥取県は人気アニメの舞台となっており、同県を縦断しての“聖地巡礼”の旅が話題を集めている。

 3位は越後湯沢・苗場(新潟県)の同565.2%増、4位はルスツ・ニセコ・倶知安(北海道)の同545.2%増でいずれも冬場スキーで賑わうエリア。
自然体験は家族連れの人気がやはり高い。5位は糸満・豊見城・南城(沖縄県)で同474.7%増。
http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=84622
位置情報ゲーム「テクテクテクテク」がサービス終了。6月17日 (463) +7res
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
この度「テクテクテクテク」は、2019年6月17日(月)午前11時59分をもちまして、
サービスを終了させていただく事となりました。

サービス開始以来、お客さまによりよいサービスを楽しんでいただけるよう尽力して参りましたが、
今後お客さまにご満足いただけるサービスの提供が困難であるという判断に至り、サービスの終了を決定いたしました。

サービス終了まで短い期間ではございますが、牧場、レイドバトルの機能を追加いたします。
引き続きお楽しみいただけると幸いです。
テクテクテクテク運営事務局一同

一人でも多くの方に、「歩いて」「塗って」楽しい時間をお過ごしいただこうと、テクテクを作って参りましたが、
現在の課金規模では事業として成立せず、今回の決定となりました。
「テクテクテクテク」プロデューサー 中村光一
https://news.teku4.jp/2135/
北海道独立派の集会に沖縄の玉城デニー知事がゲスト参加すると問題に (99) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
ボギーてどこん(再起動宣言おきなわ[email protected]

この件で
沖縄県に問い合わせしてますが、
返事がありません。
事実なら大問題ですね。

https://i.imgur.com/3ak6I5L.jpg
https://i.imgur.com/GRMMiAX.jpg

https://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kohokoryu/kense/chiji/index.html
【琉球新報】オスプレイに放射性物質 (105) +11res
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
米軍が垂直離着陸輸送機オスプレイの新たな整備拠点の設置を検討している件で、2月に開かれた企業向け説明会の内容が公表され、オスプレイ整備業務に放射性物質の管理が含まれることが13日、分かった。
在日米軍の動向を監視するリムピースの頼和太郎編集長は「(2004年に沖縄国際大学に墜落した)CH53大型輸送ヘリコプターと同様、ローター部分に放射性物質が使用されている可能性が高い」と指摘した。

米軍が今回内容を明かしたオスプレイの説明会は2月20日、神奈川県の厚木基地で開かれ、受注を希望する5社が参加した。
参加業者と米軍との質疑応答で米軍は非定期の整備・修繕に含まれる業務内容として「放射性物質の管理」を挙げた。

整備拠点は受注企業が沖縄から約1600キロ以内で探すこととされている。
現在、整備拠点となっている千葉県の陸上自衛隊木更津駐屯地ではオスプレイの収容スペースが限られているため、複数業者に委託するという。
木更津駐屯地では米軍普天間飛行場所属の1機目が整備を終えて戻ったばかりだ。
約7カ月の予定が2年超かかった。
米軍は、木更津駐屯地に追加の整備施設を設けず、山口県の岩国基地は整備場所に適さないと業者への回答で明かした。

普天間飛行場に所属する全24機うち10機を今後5年間に整備する予定だ。

理由について米軍は「定期整備が必要な飛行時間に全機体が達している訳ではない。ただ、海兵隊はオスプレイの利用を増やしているので、今後必要となるだろう」と説明した。

整備業務の契約期間は最長10年。今年9月か10月に正式に募集し、募集から1年後に契約を始める予定だ。
説明会に参加したのは現在整備を受注しているSUBARU(スバル)、オスプレイを製造するベル・ボーイング、大韓航空、日本飛行機、エリクソンの5社。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-888459.html
https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201903/4ec76df5856023f32766c0d0d4d1a117.jpg
中国人「日本の飲食店は食べ残しが出てもお持ち帰りができない。」 (312) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
 日本の文化のなかには中国から持ち込まれたものが多いのは周知の事実だ。近年、日本を訪れる中国人が増加を続けているが、中国と似た文化が数多く存在する日本は中国人にとって気が休まる思いがするようだ。もちろん日本で独自に
発展を遂げた文化も多く、そのなかには「理解し難い」と感じるものもあるという。

 中国メディアの今日頭条は9日、中国人からすると「日本の食文化には『なぜ?』と感じるものもある」と論じる記事を掲載し、中国では体験できない日本の不思議な食文化について伝えている。

 記事はまず、日本を訪れたことのある人であれば「日中の食文化における相違」を感じたことがあるであろうと主張し、そのうちの1つに「居酒屋のお通し」を挙げた。日本人でも注文していない料理がお通しとして提供され、
料金を取られることに疑問を抱く人は存在するが、確かにこの習慣は外国人からすれば不思議なものであろう。店員からお通しについての説明がある店もあるが、多くの場合はメニュー表に記載されていて店員からの
説明はないと伝え、会計の際に注文した金額と請求額が合わない場合には、「お通し」代が請求されている場合が多いとし、注意するように呼びかけた。

 続けて、「食べきれなかった料理を持ち帰ることが一般的ではない」ことについて伝えている。中国のレストランでは「打包(ダーバオ)」といって、出来立ての料理または食べきれなかった料理をパックに入れて
持ち帰るのはごく一般的だ。一方、日本では衛生的に良くない、または「恥ずかしい」といった理由から、食べきれなかった料理を持ち帰ることはしないと伝えた。食べきれない料理を持ち帰らず、そのまま店側が
廃棄してしまうのは中国人からすれば勿体無いと感じられるのだろう。

 他にも記事は、「ラーメンを啜る音」、「味噌汁を箸で食べること」、「真冬でも氷水が提供される」といった習慣の違いは、中国人にとっては不可解だと指摘した。確かに中国でも麺類を音を立てて啜るのは
マナー違反とされるほか、スープは箸ではなく、レンゲで食べるのが一般的だ。また、中国人は体を冷やすことを嫌うため、夏でもお湯を飲む習慣がある。

http://news.searchina.net/id/1676590?page=1
後藤真希(33)に不倫報道「アパホテルで合計2回、肉体関係を持ってしまいました」 (996) +4res
sssp://img.5ch.net/ico/miyabi.gif
〈証拠資料入手〉元モー娘・後藤真希の不倫ドロ沼裁判ボッ発!
3/13(水) 13:00配信 文春オンライン

「LOVEマシーン」の大ヒットから20年。二児の母となり、ママドルとして活躍中の後藤真希(33)が、
私生活で浮気が夫に露見し、泥沼裁判に突入していることが「週刊文春」の取材で明らかになった。

【動画】夫と一緒に地元マッサージ店から出てきた後藤を直撃

2014年に結婚した夫・A氏(30)が、後藤の元恋人で不倫相手のB氏(28・独身)を相手取り、330万円の損害賠償を請求しているのだ。
小誌取材班はその裁判資料を入手した。後藤本人が署名した陳述書にはこうある。

〈2人でタクシーを拾い、Bさんが宿泊していたアパホテルに遊びに行くことになり、その場でBさんと肉体関係を持ちました。
(中略)22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました〉(後藤の陳述書より)

不倫関係は元カレであるB氏とのインターネット上の再会に端を発している。
2人は昨年初めから頻繁にSNSなどで連絡をとるようになった。後藤はB氏とのLINEのやり取りの中で、夫への不満を爆発させている。

B氏は、後藤が夫からDVを受けていたとし、「既に婚姻関係が破綻していたので、(損害賠償の前提である)権利侵害行為は
認められない」と主張している。
現在も裁判は継続中だ。3月11日、夫と一緒に地元マッサージ店から出てきた後藤を直撃したが、記者の質問に対し、「知らないです」を繰り返した。
後藤の事務所は「裁判は事実ですが、コメントは控えます」と回答。B氏にも話を聞こうと自宅を訪れたが、家人が不在を告げるのみだった。

3月14日(木)発売の「週刊文春」では、裁判資料に基づき、後藤とB氏の関係を詳報する。
また、「 週刊文春デジタル 」では後藤の直撃取材を収めた関連動画を同日朝5時に公開する。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190313-00011030-bunshun-ent
「カメラを止めるな!」の視聴率なんと11.9%! (846) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
 8日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(金曜・後9時)でテレビ初放送されたインディーズ作品として異例の大ヒットを記録した映画「カメラを止めるな!」(監督・上田慎一郎)の
平均視聴率が11・9%の好数字を記録したことが11日分かった。
 同作品はゾンビ映画、サスペンス映画の要素を盛り込んだ娯楽作。
冒頭カメラ1台でワンシーン・ワンカットで撮影された40分間のシーンがCM無しでノーカット放送された。
 SNSには「日テレさん、本当に冒頭のワンカットをノーカット、ノーCMでやってくれてありがとうございます」「まさか後半こんな展開とは…」などの絶賛の声があふれた。
副音声では上田監督やキャストの生トークで撮影秘話などが明かされた。
 「カメラを止めるな!」は製作費300万円で製作され、昨年6月、都内2館で公開されるやSNSなどの口コミで大きな話題に。
興行収入は30億円突破。累計350館以上で上映された話題作で先日の「第42回日本アカデミー賞」でも優秀作品賞など8部門で受賞した。

テレビ初放送「カメラを止めるな!」11・9%の好視聴率を記録
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12265-215055/
野球帽子被ってる人のイメージ (464) +1res
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
侍ジャパンへ2度目の招集となった、阪神の大山悠輔内野手(24)が8日、全体練習で汗を流した。

 9、10日に開催されるメキシコ戦(京セラ)へ向けて、この日は仲間と共に最終調整。
フリー打撃では徐々に状態を上げ、日本代表の首脳陣の前でも快音を披露した。
練習後には稲葉監督と話をする場面も。「2試合しかないけど、学べる機会はたくさんある。
時間を無駄にしないようにしたい」。前回の2試合では4打数無安打と
結果を示せなかっただけに、期待が高まる。

 また練習後には、大阪府内の小学校を訪問。将来、野球選手を夢見る
少年に「J」と刺しゅうされた侍帽子を被せてあげる“神対応”も見せ、笑顔あふれる時間を過ごした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00000078-dal-base
【ちょ、待てよ・・】ピエール瀧が麻薬で逮捕で所属のテクノグループ「電気グルーヴ」解散へ (777) +7res
sssp://img.5ch.net/ico/yukidaruma_3.gif
ピエール瀧(51歳)といえば、人気パフォーマンスグループ「電気グルーヴ」のカリスマ的メンバーであり、マルチタレントとしても活躍する人物だ。
そんな彼が2019年3月12日に逮捕されたことが判明し、物議を醸している。

・麻薬および向精神薬取締法違反容疑
報道によれば、東京都世田谷区在住のピエール瀧がコカインを使用したとして、麻薬および向精神薬取締法違反容疑で逮捕したという。
ピエール瀧は独特な雰囲気とユーモラスな性格で多くのファンを魅了する人物だったが、裏では薬物に手を出していたようだ。

・自分は無敵だと勘違いか
ピエール瀧は本名を瀧正則といい、2019年だけ芸名を「ウルトラの瀧」に改名したばかり。麻薬に手を出したことにより、自分は無敵だと勘違いし、
「ウルトラの瀧」などという強そうな名前に改名したのかもしれない。

・石野卓球さんがコメントを発表か
また、今回の逮捕によって「電気グルーヴ」が解散する可能性も浮上しており、グループのファンは逮捕に驚きつつも、悲しみに包まれている。この件に関して芸能記者に話を聞いたところ
「解散するかどうかは別として、他のメンバーの石野卓球さんがコメントを発表するのは間違いないでしょう」と話していた。http://buzz-plus.com/article/2019/03/13/pierre-taki-denkigroove-taiho-news/
米軍が開発中の最強戦闘機「XQ-58Aワルキューレ」が初飛行に成功、F-22とF-35の引退は近い (408) +2res
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
Air Force offers glimpse of new, stealthy combat drone during first flight
By: Kyle Rempfer   1 day ago

https://www.armytimes.com/resizer/4Q-hBnBilyLr-TlK7_enK3S2Ltk=/1200x0/filters:quality(100)/arc-anglerfish-arc2-prod-mco.s3.amazonaws.com/public/REXGA2KHG5AO3G3TWJAZFD7BDU.JPG

The XQ-58A Valkyrie demonstrator, a long-range, high-subsonic unmanned combat air vehicle, completed its inaugural flight Tuesday at Yuma Proving Grounds, in Arizona.

The Air Force’s fleet of current drones, such as the MQ-9 Reaper, are basically giant gas bags that fly ― able to loiter for long periods above friendly forces in order to provide armed overwatch and intelligence.
But the airspace over future battlefields will likely not be permissive, and so new drones will need to be developed.

XQ-58A Valkyries were developed under the low-cost attritable aircraft technology program ― meaning they’re cheap and can be lost in combat without too much concern.

The drone and its derivatives are anticipated to perform a range of missions, including suppression of enemy air defenses, offensive and defensive counter-air maneuvers, nap-of-the-earth or terrain masking flight and high-altitude flying.

https://www.airforcetimes.com/news/your-air-force/2019/03/08/air-force-offers-glimpse-of-new-stealthy-combat-drone-during-first-flight/
日本の大学生訪中団が残した中国の感想について中国側が反論 (68) +2res
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
2019年3月9日、新民週刊は、日本の大学生訪中団が残した「感想文」から中国が読み取るべき点について論じたコラムを掲載した。

コラムは、2018年に行われた日中友好大学生訪中団メンバーが書いた、108ページに及ぶ参加報告の内容を紹介。「ポジティブなものが多く、中国の進歩に対する驚きとともに、多くの細かい部分についての観察があり、深く考えさせられた」とし、
細かい部分の事例として入国審査官が冷淡だったこと、レストランの店員が不親切だったこと、商店の店員が制服を着ていなかったことなどが書かれていた、と説明している。

ただ、中にはこれらの現象を文化という側面から捉え「文化的な違いにすぎない。審査官や店員の態度は決して仕事の妨げになるものではない。日本とは違うが、だからといって悪いという訳でもない」とする学生もいたという。このほか、
多くの学生がトイレにペーパーがない、ペーパーを便器に流せない、保安検査が多すぎて非常に面倒といった点を、適応に苦しんだ文化的な違いとして言及したという。

コラムはこれらを紹介したうえで、「日中関係改善に伴って中国で日本への感情が速やかに好転する一方、日本の対中好感度に顕著な改善が見られないのはなぜか、深く考えるべきだ」とし、「その国に魅力があるか否かの判断基準には、
豊かさや技術の発展以外に、社会の秩序、文化、民度も含まれている。これらはみな『ソフトパワー』であり、政府と民間との密接な協力が必要だ。日本の大学生による訪中団について、もっと中国の当局やメディアを呼び、
学生たちの感想を中国国内の市民にフィードバックすべきではないか。そうすることで、日中関係を考えるうえでの外からの視点を得ることができるうえ、『ソフトパワー』をめぐる市民への啓発にもなるのだ」と論じている。(翻訳・編集/川尻)

https://www.recordchina.co.jp/b177077-s0-c30-d0135.html
Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 _