log2ch

削除申請
ニュース速報 | 萌えニュース+ | 芸スポ速報+ | AKB48 乃木坂46
2020/01/09 2020/01/10 2020/01/11 2020/01/12 2020/01/13 2020/01/14 2020/01/15 2020/01/16 2020/01/17 2020/01/18 2020/01/19 2020/01/20 2020/01/21 2020/01/22 2020/01/23 2020/01/24

萌え+(2020/01/14)
スレッド
【声優】<新田恵海>アーティストとして“リデビュー” 2020年3月にシングル発売 34回目の誕生日に発表 (403) +1res
 人気アニメ「ラブライブ!」の高坂穂乃果役などで知られる声優の新田恵海さんが、アーティストとしてRe-Debut(リデビュー)することが12月10日、
明らかになった。新田さんは2014年9月にアーティストデビューしており、今回所属レーベルをストレイキャッツに移して、2020年3月25日にシングル
「Sing Ring」を発売することになった。新田さんの34回目の誕生日である12月10日に発表された。

 ◇新田恵海さんのコメント

 この度、ストレイキャッツよりアーティストRe-Debutさせていただくことになりました。しばらく新しい音楽をお届けできずにいましたが、
すてきなご縁がつながり、こうして音楽活動を再スタートできることを本当にうれしく思います。

 2020年で声優デビュー10周年を迎える私ですが、デビュー時より長くお世話になっているプロデューサーの木皿陽平さんと、新たにチームを結成
いたしました。10年後もその先も歌っていけるアーティストになれるよう、自分の音楽と向き合いながら、私らしく奏でていきたいです。今後とも
どうぞよろしくお願いいたします。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000036-mantan-ent
https://pbs.twimg.com/media/ELWoFmBW4AEdErd.jpg
【漫画】<鬼灯の冷徹>9年の連載に幕 テレビアニメ化も話題の人気マンガ (66) +1res
 テレビアニメ化もされた江口夏実さんのマンガ「鬼灯(ほおずき)の冷徹」が、1月9日発売のマンガ誌「モーニング」(講談社)6号で最終回を迎え、
約9年の連載に幕を下ろした。

 「鬼灯の冷徹」は、地獄で閻魔(えんま)大王の第一補佐官を務める鬼神・鬼灯がさまざまなトラブルに対処する日々を描いたマンガ。「モーニング」で
2011年に連載がスタートした。テレビアニメ第1期が2014年に放送され、第2期が2017、18年に放送された。

 コミックスが第29巻まで発売されており、第30巻は3月23日に発売。最終31巻は8月21日に発売される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000037-mantan-ent
【チャージマン研!】期間限定ショップが渋谷で、Tシャツ・パーカーなど先行販売 (87) +1res
https://natalie.mu/comic/news/362943
2020年1月12日 21:15

TVアニメ「チャージマン研!」のグッズを扱う期間限定ショップが、東京・渋谷マルイ内のAMNIBUS STOREにて
1月24日から2月16日まで開催される。
「『チャージマン研!』 POP UP STORE」の先行販売アイテムには、主人公・泉研の横顔をあしらったTシャツやiPhoneケース、
アクリルスタンドをはじめ、タイトルをデザインしたパーカー、キャラクターたちのトレーディングミニアートフレーム、
トレーディング缶バッジが用意された。
また会場で対象商品を税別2000円購入するごとに、全5種のブロマイドからランダムで1枚がプレゼントされる。

https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2020/0112/main-677z.jpg
https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2020/0112/sub1-16cp.jpg
https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2020/0112/sub2-15w9.jpg
https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2020/0112/sub3-b0ar.jpg
https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2020/0112/sub4-dv93.jpg
https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2020/0112/sub5-9kcb.jpg
https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2020/0112/sub6-1cxe.jpg
https://ogre.natalie.mu/media/news/comic/2020/0112/sub7-2p9b.jpg
画像
【フィギュア】「ゲッターロボ」より、陸戦用「ゲッター2」と海戦用「ゲッター3」がセットで登場 (152) +1res
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1227697.html
2020年1月7日 10:44

バンダイは、「ゲッターロボ」よりアクションフィギュア「超合金魂 GX-91 ゲッター2&3 D.C.」を1月25日に発売する。
価格は25,000円(税別)。
「ゲッターロボ」は、ロボットに変形合体の概念を取り込んだロボットアニメで、原作は永井豪氏、
石川賢氏および、プロダクション「ダイナミックプロ」。
本商品は、同作に登場する陸戦用ロボ「ゲッター2」と海戦用ロボ「ゲッター3」のセットで、劇中イメージを
徹底追求して立体化されており、ヒロイン早乙女ミチルの搭乗するコマンドマシンも付属する。

「ゲッター2」は、ゲッターロボ3形態の中でも特にスマートな陸戦・高速戦用ロボ。
本商品では、左腕のゲッタードリルを回転可能、右腕のゲッターアームも自在に開閉し戦闘シーンの
アクションを再現できる。
腰アーマーを換装すると、脚部の可動範囲が広がり、よりダイナミックなポーズが可能で、両脚のフィンは、
パーツの換装で収納状態も再現できる。

「ゲッター3」は、水中戦用でパワータイプのロボ。
特徴的な腕部は、劇中作画イメージのマッシブなアームと、フレキシブルに可動するジャバラ状アーム
(機構特許出願済)の2種類が付属する。
2基のミサイルは発射ギミック付き。
下半身の履帯部分は、軟質素材を使用しており、回転可動する。

https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1227/697/002_o.jpg
https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1227/697/003_o.jpg
https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1227/697/007_o.jpg
https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1227/697/009_o.jpg
https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1227/697/011_o.jpg
画像
【アニメ】『ダイの大冒険』来秋28年ぶり完全新作で再びアニメ化 ドラクエ世界観の人気漫画が原作 (552) +2res
 『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』が、2020年の秋に完全新作でアニメ化されることが決定した。21日、千葉・幕張メッセで開催中の『ジャンプフェスタ2020』スクウェア・エニックス内のブースイベントで特報映像とともに発表された。1992年9月まで放送されたテレビ版以来、約28年ぶりのアニメ化で、今回はCGとアニメ作画のハイブリッドで表現する。東映アニメーションが制作する。

 同誌で1989年から96年まで連載された同作は、魔法が苦手だが勇者に憧れている主人公・少年のダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をする。そして、秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。

 同誌の歴代最大発行部数653万部を突破した1995年新年3・4号合併号に『ドラゴンボール』『スラムダンク』『るろうに剣心』『ジョジョの奇妙な冒険』らとともに掲載されており、ジャンプ黄金期を支えた作品のひとつとして知られている。単行本の累計発行部数は4700万部を突破している。

 人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの世界観・設定を基にしたゲーム作品シリーズと繋がりのない完全オリジナルの世界観で、『ドラクエ』シリーズの生みの親・堀井雄二氏が漫画の監修を担当。「スライム」などの敵キャラクターや呪文などがゲームと同じ名前で登場しするほか、ゲームに登場しないオリジナルの技や呪文もあり、その中には「メドローア」など後のゲーム作品で採用されるなど、原作ゲームにも大きな影響を与えた。

 テレビアニメがTBSにて91年10月から92年9月まで放送され、原作漫画同様の激しいアクションシーンが人気を博し、91年、92年(3月、7月)に映画化されている。

 再びのアニメ化に原作の三条陸氏は「『ダイの大冒険』を最新の技術で再びアニメ化したい!」そういうリアルタイム世代の方々の声を聞いてはいましたが、2020年、ついにその夢が実現することになりました!連載当時の読者が作品を作れる年齢になったのです。スタッフの熱いトークを聞いているだけで感動してしまいます。再びダイたちが帰ってくる日が、今から楽しみです!!」と喜び。

 漫画を担当した稲田浩司氏は「初めて”ダイの大冒険”を知ることになる方々に、そして知っている方々にも、興味を持って観ていただける作品になってくれればうれしいです。以前アニメにしていただいた時とは、制作方法などいろいろ変わっているようなので、新しいアニメのダイたちが、どんな風に動きまわるのか楽しみにしています」と期待。

 堀井氏も「『ドラゴンクエスト』をコミック化するにあたり、世界観は同じにするが、ゲームとはまた違った物語にしよう。そんなコンセプトで、三条先生、稲田先生にコミック化をしていただきました。当時アニメ化もされましたが、長き時を経て、現在の最新の手法で、再びアニメ化されることになりました。こんなうれしいことは、ありません。期待感いっぱいです。早く見たいです!」と伝えた。

 再びのアニメ化のほか、この日、ゲームプロジェクトも同時進行中であることがステージイベントで発表された。

2019-12-21 12:18
https://www.oricon.co.jp/news/2151514/full/
【アニメ】「名探偵コナン」毎日無料配信!公式YouTubeチャンネル開始 (25) +1res
 人気アニメ「名探偵コナン」の公式YouTubeチャンネルが開設され、1月14日より毎日19時に1〜2話ずつテレビアニメが配信される。

 毎週土曜よる6時から読売テレビ・日本テレビ系でテレビアニメが放送中、劇場版も毎年大ヒットを記録している「名探偵コナン」。公式YouTubeチャンネルでは
コナン誕生から今につながる歴史を振り返る試みとして、毎日19時にテレビアニメを1〜2話ずつ公開。2020年中に218話まで(シーズン5終了まで)を
配信する予定となっている。

 さらに、今年1月から放送されている新オープニングテーマ曲に合わせてコナンが踊るスペシャル動画や、映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』(4月17日公開)の
予告編なども公開される予定だ。 (編集部・吉田唯)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000021-flix-movi
【映画】『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』7月23日に全国公開。アムロとシャアの因縁と最後の戦いを描く特報が公開 (361) +1res
宇宙世紀の新たな100年を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクト、第2弾作品である『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の公開日が、2020年7月23日に決定した。

冒頭から『逆襲のシャア』のアムロとシャアの因縁と最後の戦いが、主題歌「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙(そら)を越えて〜」に乗せて展開。本作『閃光のハサウェイ』の新着映像では、澤野弘之の劇伴に乗せて新たな戦闘と本作の主人公であるハサウェイ・ノアをはじめ、ギギ・アンダルシア、ケネス・スレッグといったメインキャラクターが初登場します。『逆襲のシャア』から『閃光のハサウェイ』へと物語が継承され、「その閃光は人類の希望」というキャッチコピーとともに次代の革新を感じさせる映像となっている。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=f3O4I4eivgc&feature=emb_logo

さらに、本作の秘密に迫るファンイベント「GUNDAM FAN GATHERING -『閃光のハサウェイ』 Heirs to GUNDAM-」を、東京・お台場のZepp DiverCity(TOKYO)にて、3月24日(火)に開催することもあわせて決定。
本イベントでは『閃光のハサウェイ』のメインキャラクターを演じるキャスト陣を初お披露目。
アムロ・レイ役 古谷徹さんを招き、アムロ・レイからハサウェイ・ノアへと新時代の『ガンダム』の主役が引き継がれる。

さらに『閃光のハサウェイ』の出演者によるトークコーナー、スタッフを交えてのカンファレンスもあわせて実施される。

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』
2020年7月23日(木・祝)全国ロードショー
配給:松竹

【スタッフ】
企画・製作:サンライズ
原作:富野由悠季、矢立 肇
監督:村瀬修功
脚本:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:pablo uchida、恩田尚之、工原しげき
キャラクターデザイン原案:美樹本晴彦
メカニカルデザイン:カトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦
メカニカルデザイン原案:森木靖泰
色彩設計:すずきたかこ
撮影監督:脇顯太
CGディレクター:増尾隆幸、藤江智洋
編集:今井大介
音響演出:笠松広司
録音演出:木村絵理子
音楽:澤野弘之

http://gundam-hathaway.net/

※続きはソースで

https://www.anime-recorder.com/16/132058/
2020年1月1日
(1) +0res
Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 _