log2ch

削除申請
ニュース速報 | 萌えニュース+ | 芸スポ速報+ | | ハード業界 | アイドル
2018/08/05 2018/08/06 2018/08/07 2018/08/08 2018/08/09 2018/08/10 2018/08/11 2018/08/12 2018/08/13 2018/08/14 2018/08/15 2018/08/16 2018/08/17 2018/08/18 2018/08/19 2018/08/20

(2018/08/19)
スレッド
【声優】声優・明坂聡美が突発性難聴で「バンドリ!」卒業…声優活動は継続「今は元気」 (684) +2res
2018.06.30.
 声優・明坂聡美(あけさか・さとみ)が突発性難聴のため、ライブなどの音楽活動が困難と診断され、9月17日に開催される
「Roselia Fan Meeting 2018」(カルッツかわさき)をもってRoselia・白金燐子役を卒業することが30日、
「BanG Dream!(バンドリ!)」公式サイトなどで発表された。声優活動はこれまで通り、続ける。
 明坂は30日夜8時すぎにツイッターを投稿。「ホームページに書いてある通り、今は至って元気です。」と伝えた。
 「バンドリ!」のサイトでは「Roselia・白金燐子役につきましては卒業という形をとらせていただくこととなりますが、
明坂さんは声優活動を継続されます。これまでのライブ映像、楽曲は様々な形で残り続け、プロジェクトとして卒業後の明坂さんのご活躍も願っておりますので、
引き続きご本人・キャラ共々、応援していただけますと幸いです」などと説明されている。
 「バンドリ!」とは、アニメ、ゲーム、コミック、声優によるリアルライブなど、様々なメディアミックスを展開する
次世代ガールズプロジェクト。バンド形式の声優ユニット「Roselia」のライブは完売が続く人気となっている。

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/30/0011403786.shtml#
【漫画】[キミのお金はどこに消えるのか ]「中国嫁日記」の井上純一、妻の疑問から描き始めた経済マンガが1冊に (910) +1res
2018年8月5日 12:31
「キミのお金はどこに消えるのか」
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0804/kiminookane_fixw_640_hq.jpg


井上純一の新刊「キミのお金はどこに消えるのか」が発売された。

「中国嫁日記」シリーズで知られる井上が、妻から発されたお金にまつわる素朴な疑問をきっかけに描き始めた本作。円安で中国工場への送金が高くついたとボヤく井上に、
月さんは「減た分のワタシたちお金、誰が取りマシタか?」と返す。何も答えられなかった井上だが、その疑問に厳密に答えるには経済の専門家でも大変。
そんな不思議でややこしい経済が、誰もが知っている社会問題に絡めて解説されていく。なお本作は電子雑誌・文芸カドカワ(KADOKAWA)にて発表された。

https://natalie.mu/comic/news/294093
【漫画】「歴史を作った女性達 アイズナー賞でようやく評価」??ワシントンャXト紙が高橋留美子(60)の「殿堂入り」に言及 (92) +6res
「歴史を作った女性達 アイズナー賞でようやく評価」??ワシントンポスト紙が高橋留美子の「殿堂入り」にも言及
「コミック界のアカデミー賞」アイズナー賞で変化の兆し
2018.08.13 VG+
https://virtualgorillaplus.com/topic/women-make-history-eisner-changes-washington-rumiko-takahashi/

■コミック界でも女性作家にスポットライト

「女性達が歴史を作る。2018年のアイズナー賞でようやく認められた」?そう見出しをつけた記事を掲載したのは、ワシントンポスト紙だ。
7月に発表された「コミック界のアカデミー賞」とも呼ばれるアイズナー賞において、多くの女性クリエイターが受賞を果たしたことを受けての記事である。
今年のアイズナー賞では、30年に及ぶ同賞の歴史上初めて、最高作家賞の栄誉が女性作家(『モンストレス』作者のMarjorie Liu)に贈られた。
米国で活動する日本人イラストレーターで、『モンストレス』の絵を手がけたタケダ サナが最高ペインター賞をはじめとする4冠に輝くなど、女性作家達が「正当に」評価を受けた年となった。

■『うる星やつら』高橋留美子にも言及

ワシントンポストが見出しで強調していたのは、「overdue = ようやく、遅れて」という点である。
記事中では、今回見事に「コミックの殿堂」に選ばれた『うる星やつら』(1978-1987)、『犬夜叉』(1996-2008)で知られる高橋留美子にも言及。
日本人女性作家としては初の殿堂入りとなった高橋留美子について、以下のように記している。

同じく栄誉を受け取ったのは、伝説的漫画家の高橋留美子(60)だ。サンディエゴ・コミコンでインクポット賞を受賞してから、四半世紀が経過しての殿堂入りとなった。


今回、殿堂入りを果たした女性は高橋留美子を含めて4名。元DCコミックス編集者のカレン・バーガーは、高橋留美子と同じ60歳で殿堂入りを果たした。
初の黒人女性アメコミ作家として知られるジャッキー・オームズ (1911-1985)と、マーベルコミックスの副社長まで上り詰めながらも36歳の若さでこの世を去ったキャロル・カリッシュ (1955-1991)はいずれも故人。
逝去から四半世紀以上が経過してからの「再評価」となった。

■進む多様化

アイズナー賞は、漫画界における最高賞の一つ。毎年サンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナルで受賞者および受賞作品を発表している。
同賞は「コミック界のアカデミー賞」とも呼ばれているが、本家のアカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーでは、新会員の女性比率を上げていく動きを見せている。
アメコミの世界では長らく、成人男性が読者層として設定されてきた。
だが、近年になり、アメコミヒーロー作品においてもセクシャルマイノリティーを主役とする作品や、性暴力被害の問題を訴える作品が登場し、多様化が進んできている。


高橋留美子『うる星やつら』
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0710/urusei_main_fixw_640_hq.jpg

高橋留美子『犬夜叉』
https://pbs.twimg.com/media/Di0rRIxWwAANq6y.jpg
【アニメ】「メイは死んでいる」今夜金ロー!『となりのトトロ』都市伝説の真相[08/17] (224) +4res
 公開から30周年を迎えた宮崎駿監督の名作『となりのトトロ』が、今夜(17日)の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でノーカット放送される。
一部では「メイは死んでいる」などの都市伝説がささやかれていた同作だが、実は2007年にスタジオジブリの公式サイトでその真相が明かされている。

『森に住む不思議な生きもの・トトロと出会った姉妹(サツキとメイ)のファンタジックな冒険を描いた本作。
不思議な出来事が描かれているからか、ネット上などで「メイは死んでいる」といった説がささやかれたが、スタジオジブリ公式サイトの「ジブリ日誌」では2007年5月に「トトロが死神だとか、メイちゃんは死んでるという事実や設定は、『となりのトトロ』には全くありませんよ。最近はやりの都市伝説のひとつです。
誰かが、面白がって言い出したことが、あっという間にネットを通じて広がってしまったみたいなんです」と否定している。

 そうしたウワサが広まったのには、映画終盤にサツキとメイの影がないシーンがあることも関係している。
しかし、これも「作画上で不要と判断して略しているだけなんです。みなさん、噂を信じないで欲しいです」と公式が呼びかけていた。

 都市伝説が誕生するほどの人気作となった『となりのトトロ』だが、1988年の公開当時の興行成績はイマイチ振るわず、ヒットとはいえない作品であった。
しかし、作品自体は同時上映された故・高畑勲監督の『火垂るの墓』と共に高評価を受け、今では会社のマークにもトトロが使用されるなど、スタジオジブリを象徴する作品となっている。

 トトロはもちろん、本作には大きな目が特徴のまっくろくろすけ、キュートなネコバスといった不思議な生きものたちが登場する。
海外でもその人気は高く、ディズニー/ピクサー作品『トイ・ストーリー3』にはトトロのおもちゃが登場するなど、長きに渡って多くの人を魅了している。

『となりのトトロ』は17日夜9時より日本テレビ系映画番組「金曜ロードSHOW!」で放送

■動画
映画『トイ・ストーリー3』トトロのぬいぐるみも登場する予告編 https://youtu.be/ounWggot3-0

https://img.cinematoday.jp/a/N0102811/_size_640x/_v_1534467801/main.jpg

https://www.cinematoday.jp/news/N0102811
【アニメ】〈動画あり〉「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」主人公役に塩リ淳弥、戦闘シーンも映し出される映像解禁[08/16] (231) +4res
■動画
『機動戦士ガンダムNT』 特報映像 https://youtu.be/l85m0waju_M

「機動戦士ガンダム」シリーズの最新作「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」が11月30日より、全国90劇場で公開されることが決定。新キービジュアル、特報映像、キャストなど新情報も一挙に公開された。

このたびキャストが発表されたのはナラティブガンダムのパイロットであるヨナ・バシュタ、ルオ商会特別顧問のミシェル・ルオ、ユニコーンガンダム3号機フェネクスのパイロットであるリタ・ベルナルの3名。それぞれ榎木淳弥、村中知、松浦愛弓が演じる。

また今回公開されたキービジュアルにはヨナ、ミシェル、さらにシナンジュ・スタインのパイロットであるゾルタン・アッカネンら登場人物3人に加え、モビルスーツの姿もデザイン。特報映像では、ナラティブガンダムとシナンジュ・スタインの激しい戦闘シーンや、ミネバ・ラオ・ザビの姿も映し出されている。

そのほかオールカラー20ページの特製ブックレット「報告書−U.C.0097−」が付くムビチケ前売券第2弾を、上映劇場ほかにて明日8月17日より販売。ブックレットには、ルオ商会がまとめた極秘の報告資料という設定で、UC計画に関連したモビルスーツ、関連勢力の情報がまとめられている。

さらに本作がU.C.0097年を舞台にすることにちなみ、総計97名に景品が当たる「『機動戦士ガンダムNT』不死鳥狩りキャンペーン」を10月31日まで開催中。景品には本作の鑑賞券をはじめ、作中に登場するモビルスーツのガンプラが用意された。応募方法などの詳細は公式サイトで確認を。

「ガンダムNT」は「機動戦士ガンダムUC」の続きを描く、宇宙世紀シリーズ27年ぶりの完全新作映画。「機動戦士ガンダムUC」から1年後のU.C.0097年を舞台に、2年前に消息不明となっていたユニコーンガンダム3号機を巡る争奪戦が展開される。

「機動戦士ガンダムNT」
2018年11月30日(金)全国90劇場にて公開

スタッフ
企画・制作:サンライズ
原作:矢立肇、富野由悠季
監督:吉沢俊一
脚本:福井晴敏
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金世俊
メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司
色彩設計:すずきたかこ
CGディレクター:藤江智洋
モニターデザイン:佐山善則
美術監督:丸山由紀子、峯田佳実
特殊効果ディレクター:谷口久美子
撮影監督:脇顯太朗
編集:今井大介
音響監督:木村絵理子
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:サンライズ
配給:松竹

キャスト
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥
ミシェル・ルオ:村中知
リタ・ベルナル:松浦愛弓

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/NT_KEY2_WEB_fixw_234.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/GNT08_fixw_234.jpg
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/GNT_movietiket_fixw_234.jpg
シナンジュ・スタイン
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/GNT_MS04_fixw_640_hq.jpg
ユニコーンガンダム3号機フェネクス
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/GNT_MS03_fixw_640_hq.jpg
ナラティブガンダム A装備
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/GNT_MS02_fixw_640_hq.jpg
ゾルタン・アッカネン。27歳。フェネクス捕獲を 目論むジオン共和国軍の大尉。シナンジュ・スタインの パイロット。ネオ・ジオン 残党軍「袖付き」の首魁フル・フロンタルと同様に、シャアの再来のひとりとして 開発された強化人間。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/GNT_cara01_fixw_640_hq.jpg
ミネバ・ラオ・ザビ。ザビ家の遺児。航宙戦艦メガラニカ内のビスト邸を居所としている。
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/GNT_cara03_fixw_640_hq.jpg

コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/295601
【インタビュー】御大・富野由悠季が“脱ガンダム”にこだわる理由「作り手は安心したら最後」[08/18] (178) +3res
■計発行部数1,100万部超の小説家・富野由悠季が“ペンを折った”理由 「僕は踏み込めない弱虫だった」

 来年、40周年を迎える『機動戦士ガンダム』シリーズ。先日、サンライズとレジェンダリーが共同制作による初の実写映画化が話題となるなど、今なお衰えない“コンテンツ力”でファンの心を捉えている。そこで今回、シリーズの生みの親にして、76歳の現役アニメ監督・富野由悠季氏のインタビューを前・後編にわたって特集する。前編では、富野監督の小説家としての功績を振り返ると共に、昨今人気の“異世界転生もの”の先駆的役割を果たした「ファンタジー小説」について。そして後編では、現在進行中の映画『Gのレコンギスタ』の制作進捗や新作構想についてインタビューを行う。

■小説家としての自負と挫折感 「作家としてのモチベーションが足りなかった」

近年も衰えぬ創作意欲で常に新作へと挑み続ける富野監督。一方で、氏は70冊以上の小説を上梓した“小説家”としての一面も持つ。アニメ監督、演出家、脚本家、作詞家、小説家…、あらゆる分野で結果を出し続けるスーパークリエイター・富野由悠季にとって“小説”とは何か? そして、小説家として「ペンを折った」その真意とは?

――インタビューに先立って角川書店の担当者に問い合わせたところ、富野監督が執筆された小説の累計発行部数は1,100万部超(紙書籍のみ)とのことでした。

◇富野由悠季 うそ、知らなかったよ(笑)。数字の上ではそうかもしれませんが、2010年に『リーンの翼』(新装版・角川書店)を上梓した時点でペンを折ったんです。それはなぜかといえば、その時点で小説家としての評価が一切聞こえてこなかったからです。
――富野監督はそう謙遜されますが、アニメ監督としてこれほどのタイトルと部数を記録した方は他にはいないでしょう。TVアニメとは結末が異なる小説版『機動戦士ガンダム』(1979年/ソノラマ文庫)や、『閃光のハサウェイ』(1989年/角川スニーカー文庫)など読者の心に強いインパクトを残した作品があり、今なおネットで話題となります。また、1995年に上梓された『王の心』(カドカワノベルズ)では、その妖美な世界観に魅了された読者も多いです。

◇富野由悠季 『王の心』に関しては、僕は統治論の話をよくしていますが、果たしてガバナンスというものを個人でできるのだろうか? と思った時に、結局、組織は個人から離れていくものだと考え、それを組織から排除されていた時の王の立場から書いたのが、『王の心』です。

――家族や国民の行く末を、亡霊となっても見守り続ける主役のグラン王の姿が当時の富野監督を想起させ、とても興味深い内容でした。

富野由悠季個人で組織の問題を描きたいと思いながら、それを書ききれかった意味では、『王の心』は一つの到達点であると同時に、“人間を洞察できない富野”を自覚した作品でもあります。結局、自分には作家としてのモチベーションが足りなかったのでしょう。

――富野監督の人間描写は一般的に高い評価を受けていると思いますが?

◇富野由悠季 本当に作家性がある人は、僕以上に“対象に対する観察眼”を持っているか、徹底的に調べている人です。つまり、モデルに対してすごく踏み込んだ形で書くことができます。しかし、大学時代のカメラを扱った経験と、虫プロの後に1年だけやったCMの仕事で分かったのは、僕はそこまで踏み込めない弱虫であると同時に、無精者であるということ。だから自分の手の内、つまりデスクワークで出来る範囲で済ませちゃう。僕がアニメをやったのは、まさにその手癖を自覚したからです。

https://contents.oricon.co.jp/special/img/51000/51605/detail/img660/1534496474326.jpg
https://contents.oricon.co.jp/special/img/51000/51605/thumb/img660/1534334392914.jpg

https://www.oricon.co.jp/special/51605/
続く)
【訃報】<石塚運昇さん>食道がんのため68歳で死去 「ャPモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど (302) +2res
 人気アニメ「ポケットモンスター」のナレーションや「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」のジョセフ・ジョースター役などで知られる
声優の石塚運昇さんが13日、食道がんのため死去した。68歳。

 所属事務所からのファクスによると、通夜及び告別式については、親族のみで家族葬を執り行ったといい、お別れ会の開催については、遺族の意向も
あるとして、改めて報告するとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000010-mantan-ent
【アニメ】「なぜ高畑勲さんともう映画を作りたくなかったか」――鈴木敏夫が語る高畑勲 #1 (149) +2res
 高畑さんが亡くなり、「お別れの会」を終えたいまも、気持ちが収まる気配がありません。徳間康快や氏家齊一郎さん、あるいは親父やお袋が死んだときも、葬儀を終えてしばらくしたら、心の整理はついたんです。ところが、今回はなかなか落ち着かない。気がつくと、すぐそこに高畑さんがいるんですよ。こんなことは生まれて初めてです。それだけ強烈な人だったということなんでしょうけど、正直なところ困っています。

 お別れの会でも話しましたが、高畑さんと僕は最後の最後まで監督とプロデューサーでした。ある種の緊張関係がずっとあったんです。

鈴木敏夫(スタジオジブリ 代表取締役プロデューサー)

最初にじっくり話をしたのは、高畑さんが『じゃりン子チエ』を作っているときでした。当時の僕は『アニメージュ』の編集者。制作会社テレコムがあった高円寺の喫茶店でインタビューすることになりました。席に着くやいなや、高畑さんは先制パンチを放ってきました。「僕が原作のどこに感動して映画を作ろうと思ったか、そういうくだらない話を聞きたいんでしょう」。以前に電話で話して、難しい人だということは分かっていました。僕はそのパンチをかわし、入念に準備した質問をぶつけていきました。それに答える高畑さんの話は止まらず、気がついたら3時間が経っていました。席を立つ間際、高畑さんは言いました。「取材にならなかったでしょう。記事にはならないですね」。僕はその挑発を受けて立ち、記事を書きました。

 その日から映画の完成まで毎日、高円寺に通い、高畑さんと話し続けることになるんです。そして、完成披露パーティの席上、高畑さんから「あなたのおかげで自分の考えを整理できた」と言われました。僕が映画を作るおもしろさ、プロデューサーの醍醐味を知ったのは、そのときが最初だったかもしれません。

■高畑さんと作品を作ることは甘いものじゃなかった

 僕がジブリで高畑さんといっしょに作ったのは、『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』『平成狸合戦ぽんぽこ』『ホーホケキョ となりの山田くん』『かぐや姫の物語』の5本です。一本の作品を作る上で、監督とプロデューサーは共同事業者。仲よくやっているだけじゃ、いい作品は作れません。毎回、議論の連続だったし、日々が戦いだったといっても過言じゃありません。よく「いい距離感を保つ」なんて言いますけど、そんなに甘いものじゃなかった。相手の中へ土足で入っていくこともしばしばでした。

 立場上、僕はどうしても高畑さんにいやなことを言わなければならない。『火垂るの墓』ではスケジュールが遅れに遅れ、公開に間に合わせるために厳しい交渉をせざるを得ませんでした。107分あった絵コンテを僕は新潮社の担当だった村瀬拓男と相談し、88分まで縮めました。それでも間に合わず、塗り残しがあるまま上映することになったのは、いま思い出してもつらい記憶です。『ぽんぽこ』のときは、スケジュールが遅れることを見越して、「夏公開」を「春公開」に書き換えた偽のポスターを作って、高畑さんの席の横に貼っておくなんてことまでやりました。ぜんぜん効果はなかったですけどね(苦笑)。このときも結局、一部をカットせざるを得なくなって、そのことで延々責められることになります。

 そういうことを繰り返しながら、『山田くん』まで作ってきて、僕としては高畑作品はもう終わりにするつもりだったんです。それでも『かぐや姫の物語』を作ることになったのは、日本テレビの会長・氏家齊一郎さんの一言があったからです。

続きはソースで

http://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/6/0/-/img_604cec79789e9b8e7a4e70ed282a5bf2254604.jpg
http://bunshun.jp/articles/-/8406
【映像配信サイト】“本当にアニメに強い” のはNetflixかAmazonか? 「覇権アニメ」の見放題状況を比較した (140) +2res
映像配信サービスの2大巨塔、「Amazon Prime Video」と「Netflix」。
これまでファイルウェブでは、「名作映画をより多く観るなら?」「アカデミー賞 受賞作品をより多く観るなら?」というテーマで比較してきた。

今回は、“アニメを観るならどっち?” をテーマに、両サービスを比較してみたい。


しかし、アニメにおいては『キネマ旬報の第1位作品』や『アカデミー賞』といった、定期的に発表される、権威ある指標がないように思う。

ということで、ここでは2つの比較基準を設けてみたい。
1つは多少主観的な部分が入るかもしれないが、ネットなどを参考にした「覇権アニメ」と評される作品の配信状況。
そしてもう1つはオリジナルおよび独占配信作品の状況だ。なお、いわゆる「キッズ向け」作品と劇場作品は今回除外している。

■Amazon Prime Videoの『覇権アニメ』配信状況

まず覇権アニメの判断についてお伝えしておくと、「2017 覇権 アニメ」などでググった結果から、支持されている割合が多かった作品を選んでいる。明確に決定されるものではなく、各クールごとに覇権があることも考えると収集がつかないため、各年を3タイトルに絞り、過去11年分をピックアップしている。

2017年 「けものフレンズ」 ×
2017年 「エロマンガ先生」 ×
2017年 「進撃の巨人 Season2」 ×
2016年 「ユーリ!!! on ICE」 ×
2016年 「ラブライブ!サンシャイン!!」 ×
2016年 「甘々と稲妻」 ○
2015年 「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ」 ×
2015年 「おそ松さん」 ×
2015年 「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」 ○
2014年 「ラブライブ!」 ×
2014年 「SHIROBAKO」 ○
2014年 「ソードアート・オンラインII」 ×
2013年 「境界の彼方」 ×
2013年 「進撃の巨人」×
2013年 「キルラキル」 ○
2012年 「ガールズ&パンツァー」 ×
2012年 「偽物語」 ○
2012年 「PSYCHO-PASS」 ×
2011年 「魔法少女まどか☆マギカ」 ○
2011年 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 ×
2011年 「STEINS;GATE」 ○
2010年 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 ×
2010年 「けいおん!! 」 ×
2010年 「デュラララ!! 」 ×
2009年 「化物語」 ○
2009年 「とある科学の超電磁砲」 ×
2009年 「咲-Saki-」 ×
2008年 「マクロスF」 ○
2008年 「ARIA The ORIGINATION」 ×
2008年 「ストライクウィッチーズ」 ×
2007年 「らき☆すた」 ○
2007年 「CLANNAD」 ×
2007年 「機動戦士ガンダム00」 ×

全33作品中、10作品が配信されているので配信率は30.3%。ある程度はカバーしているが、少し不満も残る。
「進撃の巨人」など、いまも続いているシリーズが視聴できないのは痛いところだ。

だが「マクロス」シリーズに関しては「マクロスF」だけでなく、「マクロスΔ」や「マクロス7」など配信されているのは嬉しい。
先に言ってしまうと、これらはNetflixでは配信されていないのだ。
また、最近になって「serial experiments lain」が追加されるなど、年代問わず「そう言えばこれ観てなかったな」という作品が配信されているのも特徴といえる。

続いて、Netflixの覇権アニメ配信状況を見てみたい。

https://www.phileweb.com/news/photo/column/6/612/sam_thumb.jpg

PHILE WEB
http://www.phileweb.com/review/column/201808/02/612.html
続く)
【漫画/小説】納都花丸 描く、死ねと思うだけで相手を殺せる「即死チートが最強すぎ」マンガ1巻に特典 8月16日発売 (223) +1res
死ねと思うだけで相手を殺せる「即死チートが最強すぎ」マンガ1巻に特典
2018年8月14日 17:35 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/295364

藤孝剛志・成瀬ちさと原作による納都花丸「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。−ΑΩ−」1巻が、8月16日に発売される。

同作は、修学旅行のバス移動中に異世界へと迷い込んでしまった高校生たちを描くファンタジー作品。
生徒たちを異世界へ召喚した賢者はギフトと呼ばれる特殊能力を全員に授けるが、なぜかギフトを受け取ることができなかった女子・壇ノ浦知千佳、男子・高遠夜霧は足手まといとしてクラスメイトたちに見捨てられてしまう。
しかし役立たずと思われた高遠は、殺したいと思っただけで即座に相手を殺せる「即死能力」を隠し持っており、危害を加えようとしてくるモンスターやクラスメイトたちを「死ね」の一言で瞬殺する。
原作は小説家になろう発の作品で、小説5巻も同時発売。コミカライズ版となる本作はコミックアース・スターで連載中だ。

なお一部書店では本作の購入者に特典を用意。
アニメイトではメッセージシート、ゲーマーズではブロマイド、TSUTAYA BOOKSでは両面紙しおり、とらのあな、メロンブックス、三洋堂書店ではイラストカード、WonderGOO、こみらの!参加書店ではイラストペーパーが配布される。
特典の取り扱い状況など詳細は、各書店で確認を。


https://comic-earthstar.jp/detail/sokushicheat/

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。−ΑΩ−」1巻
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0814/sokushi1_fixw_640_hq.jpg

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0814/sokushi1-001_fixw_640_hq.jpg

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0814/sokushi1-002_fixw_640_hq.jpg

特典リスト
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0814/sokushi1-tokuten_fixw_640_hq.jpg
【ガンプラ】機動戦士ガンダムNT:ジェスタがガンプラに 大型ブースターのA班 豪華武器のB&C班[08/18] (37) +1res
人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの劇場版最新作「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」(吉沢俊一監督、11月30日公開)に登場するジェスタのプラモデル「HG 1/144 ジェスタ」が、バンダイスピリッツから発売される。
シェザール隊仕様A班装備(3024円)、シェザール隊仕様B&C班装備(2484円)の2種類。

  不死鳥狩りの先兵のA班は、大型バックパックや大型ブースターを装備。不死鳥を狙う狩人のB&C班には、メガ・ビーム・ランチャー&トライポッド、キャプチャーガンが付属する。

 バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付けている。11月に発送予定。

https://storage.mantan-web.jp/images/2018/08/18/20180818dog00m200000000c/001_size6.jpg
https://storage.mantan-web.jp/images/2018/08/18/20180818dog00m200000000c/007_size6.jpg
https://storage.mantan-web.jp/images/2018/08/18/20180818dog00m200000000c/002_size6.jpg
https://storage.mantan-web.jp/images/2018/08/18/20180818dog00m200000000c/003_size6.jpg
https://storage.mantan-web.jp/images/2018/08/18/20180818dog00m200000000c/004_size6.jpg
https://storage.mantan-web.jp/images/2018/08/18/20180818dog00m200000000c/006_size6.jpg
https://storage.mantan-web.jp/images/2018/08/18/20180818dog00m200000000c/005_size6.jpg

https://mantan-web.jp/article/20180818dog00m200000000c.html
【アニメ/小説】「涼宮ハルヒ」長門有希の時間軸を疑似体験「エンドレスエイト」88時間×7本を動画サイトで生配信 8月28日8時から (135) +1res
「涼宮ハルヒ」長門有希の時間軸を疑似体験「エンドレスエイト」88時間×7本生配信
2018年8月17日 0:00 コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/295702

テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の「エンドレスエイト」を疑似体験できる生放送企画「涼宮ハルヒの憂鬱/エンドレスエイト88時間生放送〜およそ1/9077長門有希体験〜」が、8月28日8時から31日24時までの88時間にわたりニコニコ生放送にて配信される。

「エンドレスエイト」は、涼宮ハルヒら登場人物が8月17日から31日の15日間をループする中、ヒロインの1人である長門有希だけがループ現象に気付いているというエピソードを描いたもの。
2009年に放送されたテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」では、8週に渡ってほぼ同じ話を放送するという実験的な手法を取り話題を呼んだ。

「涼宮ハルヒの憂鬱/エンドレスエイト88時間生放送〜およそ1/9077長門有希体験〜」では、作中で「エンドレスエイト」のすべてを観測している長門有希の時間軸を疑似体験できるよう、88時間で7本の動画を合計616時間にわたり配信。
なおタイムシフト期間は9月1日から8日までの8日間となっている。

■「涼宮ハルヒの憂鬱/エンドレスエイト88時間生放送〜およそ1/9077長門有希体験〜」

配信日時:2018年8月28日(火)8:00〜8月31日(金)24:00

https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0816/haruhi_endlesseight_fixw_730_hq.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DG9VVOKUwAE_yXH.jpg
【声優】“ヴァンガ婚”声優の石井マーク&塩{温子が離婚「思い描く未来が変わって」 (108) +1res
・声優の石井マークと榎本温子が離婚したことを9日、双方のTwitterで発表した
・「私たち夫婦は離婚したことをご報告させていただきます」と綴られている
・「2人が思い描く未来の形が徐々に変わってきてしまいました」と説明した

 アニメ「カードファイト!!ヴァンガードG」で共演したため“ヴァンガ婚”と話題になった“プリキュア声優”の榎本温子(38)と声優の石井マーク(26)が離婚したことを9日、双方のツイッターで発表した。

 連名の書面をアップ。「私事で大変恐縮ではございますが、この度、私たち夫婦は離婚したことをご報告させていただきます」と切り出し「ここまで一緒に過ごす中で、2人が思い描く未来の形が徐々に変わってきてしまいました。この決断をするにあたっては、大変悩みましたが、それぞれの道を歩むことが最善だろうという結論になりました。話し合いを重ねて2人で出した答えです」と別れの経緯を説明した。

 離婚はしたものの「これからは別々の道を行くことにはなりますが、これまで一緒に過ごした時間は大変楽しく、そして有意義なものでした。お互いに感謝しております。今後は多くの共通の趣味がある友人として、また同じ業界で頑張る仲間として、少し離れたところから、互いを応援したいと思います」と友人関係に。

 「大変ご心配をお掛けいたしましたが、これからもそれぞれ元気に活動していくつもりでおりますので、どうぞ皆さま、温かく見守っていただけたら幸いです」と呼び掛けた。

 12歳差の2人は2016年3月に結婚を発表した。

 榎本は1998年、テレビアニメ「彼氏彼女の事情」の主人公・宮沢雪野役で声優デビュー。06年、プリキュアシリーズ3作目「ふたりはプリキュア Splash Star」 の主人公の1人・美翔舞役などで知られる。

 石井は2014年、アニメ映画「思い出のマーニー」で声優デビュー。同年、テレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」のベルリ・ゼナム役で初主演を果たした。

 声優同士の離婚としては、山寺宏一(57)と田中理恵(39)と7月に離婚したことを今月3日に発表した。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0809/8181471368/ori_20180809_221511_size640wh_1127_thum630.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DkKAdA6U8AA-YJ_.jpg
https://twitter.com/ishii_mark_new/status/1027524911013580801

ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2117291/full/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
【漫画】「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない」りぼん編集部異例の絶賛「さよならミニスカート」 (81) +1res
少女漫画雑誌「りぼん」9月号(集英社、8月3日発売)で始まった牧野あおいさんの新連載「さよならミニスカート」が大きな話題になっています。新連載としては異例の特設ページがオープンし、りぼんの相田聡一編集長による「この連載は、何があろうと、続けていきます」という“激推し宣言”が掲載されているのです。

 相田編集長は「このまんがは、異例です。面白さも異例ですが、何よりも私たち編集部のココロの動かされ方もまた、異例でした」「このまんがに関しては、何があろうと、読者のみなさんに面白さが伝わるまで、連載をし続けていきます。それくらいの覚悟を示せるまんがと出会ってしまったのです」と絶賛。

 さらに「少女たちだけではなく、いつかの少女たち、今は大人の女性になった、かつての『りぼん』読者たちをも大切にすることができるまんが」「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない」と、幅広い年代に響く作品であると力強くオススメしています。

 「りぼん」9月号でも、巻頭カラー&一挙65ページの大ボリュームでスタート。「超待望の登場! このお話の展開を、誰にも話さないでください」とのアオリ文を入れています。Web特設ページや「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」などのマンガアプリでは1話の3分の1ほどが分割して掲載されています。


 主人公は神山仁那。高校で1人だけ、スラックスで通学している女の子です。黒髪ショートカットで目つきは悪く、男子に対しても女子に対しても心を閉ざしています。そんな彼女に対して、男子の一部は「俺 あーいう女一番苦手 アレが得意な男とかいんのかよ(笑)」と毒づき、女子たちは「高1にして中2病かよ」と遠巻きにしています。

 「神山さんってどうしてスカート履かないの? 神山さんって実はスタイルいいよね!? もったいなよ〜っ」「…もったいないって何? 自分にはそれ以外無いってこと?」

 彼女がスラックスを履いているのはなぜなのか。彼女に一体何が起こったのか。それは1話の中盤で明かされます(ここではネタバレは控えておきますので、本誌やデジタル配信で確認してみてくださいね)。キーワードとなるのは、半年前に起こった“人気アイドルグループ「PURE CLUB」握手会での事件”です。

 突然の理不尽な暴力に遭ったとき、同じくらい理不尽な「言葉の暴力」を浴びせられることもある。「大したことじゃない」「強くなれ」と、被害を小さくしようとする声もある――そんな状況下で、どうやって立ち上がり、立ち向かうのか。おそらく実際の事件に想を得て作られた「さよならミニスカート」は、そんな物語になっていくのではないでしょうか。

 その他の主要人物は、仁那のクラスメイト2人。柔道少年の光は、ある会話をきっかけに仁那の中で“特別な人”となっていきます。そしてクラスでも「かわいい」と評判の長栖未玖は、「男の子の理想」を体現するような女の子。……でもそれって、本当にいいんでしょうか?

 「りぼん」は小学生〜中学生を対象とする少女漫画誌。ちなみに記者は昔、りぼんを愛読する「りぼんっ子」でした。『こどものおもちゃ』に生き方を教わり(目には目ん玉、歯には歯ん玉)、『神風怪盗ジャンヌ』に恋愛観をインストールされました。それらの作品は今読んでも同じくらい面白いですが、小学生のころに読めたのは幸せなことだと思っています。「さよならミニスカート」はもしかしたら今の読者にとって、大きな影響を与える特別な作品になるのかもしれません。

 なお余談ですが、本誌では、ギャグ漫画『HIGH SCORE』(1995年連載開始)と『アニマル横町』(2000年連載開始)がまだまだ超現役で連載中。かつての記憶と全く変わらない雰囲気に尊敬の念が湧いてきます。

http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/04/ma_sm01.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/04/ma_sm02.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/04/ma_sm03.jpg

ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/04/news035.html
【批評】『銀河英雄伝説』は単なる宇宙戦争にあらず、現代政治の闇を突く[07/29] (625) +1res
【おとなの漫画評 Vol.1】
『銀河英雄伝説』田中芳樹(原作)、藤崎竜(漫画)
既刊10巻 2018年7月現在(集英社)

『銀河英雄伝説』は「週刊ヤングジャンプ」連載中で、単行本が続刊中の長編SF漫画である。原作は1982年に徳間書店から第1巻がノベルス判で発売された田中芳樹の小説だ。本編全10巻は1987年に完結している。

 物語は人類が銀河系のあちらこちらへ進出した未来のお話。皇帝が専制的な統治を行ない、貴族をはじめとする身分制度を敷く銀河帝国がすべての有人惑星を支配していた。しかし、やがて銀河帝国の支配を脱し、共和制を敷く自由惑星同盟が成立して敵対するようになる。

 議会制民主主義の共和派=自由惑星同盟が善人で、銀河帝国を支える貴族たちが悪漢かというと、そうでもない。正邪は時に入れ替わって複雑な物語が展開していく。この人間模様の面白さは原作者の手腕であろう。

■妖しげな魅力を持つ美しき帝国の将軍と読者に近い自由主義者の軍人が主人公

 銀河帝国対共和国軍の戦いといえば1977年から続くアメリカ映画の「スター・ウォーズ」(ジョージ・ルーカス監督)があるが、もともと銀河帝国の成立と崩壊を歴史書のように書いたのは、アイザック・アシモフの『銀河帝国の興亡』(3部作、東京創元文庫1968〜70年)が最初だった。宇宙を背景とするこのような物語をスペース・オペラという。『銀河英雄伝説』も80年代に誕生したスペース・オペラである。

『銀河英雄伝説』の主人公は2人、銀河帝国の美少年将軍ラインハルト・フォン・ローエングラム、そして自由惑星同盟の青年将軍ヤン・ウェンリーである。この作品は80年代から漫画化やアニメ化が進んでいた。漫画も1990年代に道原かつみ(女性)の作画で全11巻が徳間書店から発売されている。筆者は道原版も読んでいたが、1年ほどで絵が格段に洗練されて驚いたものだ。というわけで、現在の藤崎竜版『銀河英雄伝説』は2度目の漫画化作品なのだ。

皇帝派(王党派)対共和派の戦いといえば、フランス革命後のパリのようでもある。ラインハルトは金髪で長髪の美少年、貴族階級の末端から将軍へ成り上がっていく。ナポレオンのようでもあるが、風貌はだれしも男装の麗人『ベルサイユのバラ』のオスカルを思い出すに違いない。

 ラインハルトは女性ではなく、美少年である。でも、やっぱりラインハルトを女性が演じて宝塚でも上演されていたのだ(2012〜13年)。DVDで市販されている。読者の半分はラインハルトに感情移入することになる。

 現在の藤崎竜による集英社版の絵は、この35年に及ぶ挿絵、漫画、アニメ、舞台の画像を踏まえて、見事な美しさをたたえている。倒錯した妖しげな魅力をもつ帝国の将軍ラインハルトに対して、自由惑星同盟の軍人ヤン・ウェンリーは徹底的な自由主義者であり、もともと歴史家志望だった教養の深さを武器にする好青年だ。戦略家として際立った実務能力を持っている。読者にいちばん近い存在に描かれているため、読者の残り半分はヤンに感情移入して読むことになるかもしれない。

■現在のポピュリズム政治の問題点をも浮き彫りにするストーリー展開

 ラインハルトは幼少時に、皇帝が姉を寵姫として奪っていったことをうらみ、皇帝をいつかは滅ぼそうと考えている。腐敗した悪漢ぞろいの帝国貴族階級の中にも、ラインハルトの側に付いて門閥を破壊しようとする勢力が出てくる。一方、善人のはずの共和派では、ポピュリズム政策を駆使し、高圧的な支配体制を築こうとしている民主政治家が登場する。

『銀河英雄伝説』の登場人物の名前は、帝国側が神聖ローマ帝国の貴族名、同盟側は民主国家アメリカ人のような名前だ。

 そして舞台は16世紀日本の戦国時代のような、19世紀の世界に分割していたヨーロッパの帝国のような、ポピュリズムが横行して選挙を引っくり返す結果に驚かされる現在の議会制民主国家のようにも見える。全部混ざっているのだろう。

 多様な物語を読み取れることにより、2018年以降もアニメ化、映画化、舞台化が進むことになっている。

(ダイヤモンド社論説委員 坪井賢一)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61yAXY%2B0MSL._SX357_BO1,204,203,200_.jpg

https://diamond.jp/articles/-/175792
Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 _